食べ物

もやしからすっぱい匂いが出ても食べられる?酸っぱい原因や香りを消す方法に腐っているか判断の仕方をご案内

もやしからすっぱい匂いが出ても食べられる?酸っぱい原因や香りを消す方法に腐っているか判断の仕方をご案内

もやしから酸っぱい匂いが出ても状態によっては食べられるのですが、判断基準について迷ってしまいますよね。

またそもそも酸っぱい匂いの原因は何なのか、香りを消す方法や腐っているのか判断する仕方を知りたい人もいるかと思います。

そこで今回は

「もやしからすっぱい匂いが出ても食べられる?酸っぱい原因や香りを消す方法に腐っているか判断の仕方をご案内」

と題し情報をまとめさせていただきましたので、ぜひ参考にしてみてください。

この記事でわかること
  • もやしからすっぱい匂いが出ても食べられるのか
  • もやしから酸っぱい匂いがする原因
  • もやしの酸っぱい香りを消す方法
  • もやしが腐っているかの判断の仕方
  • 酸っぱいもやしを食べた時の下痢や腹痛のリスク

もやしからすっぱい匂いが出ても食べられる?

もやしからすっぱい匂いが出ても食べられるのかですが、結論からお伝えすると状態によっては食べることができます。

まずチェックすることですが、もやしの袋に表記されている賞味期限がいつなのか確認してみてください。

もし賞味期限が過ぎて数日立っているようでしたら、食べるのは控えた方が良いです。

賞味期限の記載がなければパッケージに記載されている製造日をチェックし、製造日から3日以内を目安としてください。

ただ1、2日程度過ぎた程度であれば、すっぱい匂いはちょっとした工夫で取り除くことができ、火を加えることで食べることができます。

“うさぎ”
“うさぎ”
もやしの賞味期限は保存の仕方によっては製造日から2週間程度持つと言われているそうです!

なお補足としてもやしの状態が、

  • 茶色く変色している
  • 濁った色の水分が出ている
  • ぬめりが出ている

ことが確認できるようでようであれば、傷んでしまっている状態なので、食べるのは避けるようにしてくださいね。

“うさぎ”
“うさぎ”
傷んだもやしを食べると体にどんな影響があるか記事後半でご紹介しています!

まずはもやしからなぜすっぱい匂いが出てきてしまっているのか、根本的な原因でもある正味期限を必ずチェックし、

もやしが変色したり濁った水分が出ていないか、またぬめりが出ていないかよく確認するようにしてくださいね。

なおもしもやしの匂いが酸っぱくても上記に挙げた状態に当てはまらなければ、食べることができるので必ず火を通した上で食べるようにしてくださいね!

もやしの匂いが酸っぱい原因

もやしから漂う匂いが「酸っぱい」原因は、もやしに付着する菌から酸が発生し発酵した状態になったことからすっぱい匂いが出ていると言われています。

もやしから漂うすっぱい匂いは徐々に痛み始めているというサインです。

もやしの状態にもよりますが、もしすっぱい匂いがしていたら腐敗が進む前に状態を見た上で食べるか、廃棄するか判断するようにしてくださいね。

もやしの酸っぱい香りを消す方法

もやしの酸っぱい香りを消す方法は2つあります。

  1. 水で洗う
  2. 加熱する

なおこの方法は、

  • 賞味期限が切れて数日であること
  • 茶色く変色していない
  • 濁った色の水分が出ていない
  • ぬめりが出ていない
  • 酸っぱい匂いがなんとなくする

状態のもやしの時のみ、行うようにしてくださいね!

水で洗う

酸っぱい匂いがするもやしは水で洗うだけで、酸っぱい匂いが取れる場合もあります。

ボウルなどにお水をたっぷりと用意し、しっかりと水洗いしてみてくださいね。

なおもし水洗いしても酸っぱい匂いが残っている場合は、以下の方法を試してみてください。

加熱する

もし水洗いしてももやしからすっぱい匂いがしているようであれば、熱湯で1分ほど茹でてしっかりと加熱してみてください。

すっぱい匂いのするもやしを熱湯で茹でることで、殺菌効果も期待できます。

なおもし加熱してもすっぱい匂いが残っているようであれば、食べるのは避け処分した方が良いです。

もやしが酸っぱい匂いでも食べて大丈夫?腐っているか判断する方法

もやしからすっぱい匂いがする場合、腐っているかどうか自分で判断するのは難しいですよね・・・。

なのでもし少しでも匂いが気になるようであれば、食べるのは避けた方が良いかと思います。

ただそうは言ってもお金を出した以上、捨てるのはもったいないと考える人も多いですよね。

なのでもし自分でもやしが腐っているか判断する場合は、

  • 賞味期限(製造日)がいつか
  • 茶色く変色していないか
  • 濁った色の水分が出ていないか
  • ぬめりが出ていないか

しっかりと確認するようにしてくださいね。

なお生で食べるのに抵抗がなければ、もやしを一口かじって判断するという方法もあります。

一口かじってもし舌が痺れるような感じがしたら、傷んでいる証拠なので食べるのは避けるようにしてくださいね。

酸っぱいもやしを食べた時の下痢や腹痛のリスクは?

酸っぱいもやしを食べた時の下痢や腹痛のリスクについて最後にまとめていきたいと思います。

まずもやしの状態にもよりますが、酸っぱい匂い以外に

  • 茶色く変色している
  • 濁った色の水分が出ている
  • ぬめりが出ている

状態で食べてしまうと、下痢や腹痛を起こす可能性が高まります。

また場合によっては、吐き気や嘔吐、発熱など食あたりの症状が出る場合もあります。

もやしは適切な保存をすれば長く持つ野菜ではあるものの、流通などの過程で衝撃を受けるすぐに傷んでしまいます。

購入後2、3日で腐ってしまうということも珍しくないので、購入後はできるだけ速やかに調理するのが望ましいかと思います。

まとめ

「もやしからすっぱい匂いが出ても食べられる?酸っぱい原因や香りを消す方法に腐っているか判断の仕方をご案内」と題し情報をまとめさせていただきました。

もやしからすっぱい匂いが出ても食べられることは食べられますが、もやしの状態にもよります。

もしもやしから酸っぱい匂いがするようであれば、匂いだけでなくもやしの状態もしっかりと確認した上で、

調理をするか、もしくは廃棄する判断をするようにしてくださいね。

最後まで読んでいただきありがとうございました!