食べ物

ラムネは何歳から食べれる?アンパンマンやクッピーラムネにペッツやキシリトールラムネはいつから大丈夫かご案内

ラムネ何歳から

アンパンマンやトーマスなど子供に人気のキャラクターラムネからクッピーラムネにキシリトールラムネなど何歳から食べれるか気になりますよね。

一般的に幼児向けに市販されているラムネの多くが年齢制限を設けていないため食べさせる際は注意が必要です。

なおスーパーでも購入できるこちらのラムネであれば1歳から食べられるものなので、安心して食べさせることができます。

ただ幼児向けであるアンパンマンやペッツ、キシリトールラムネなどは子供に食べさせる場合、注意が必要です。

そこで

「ラムネは何歳から食べれる?アンパンマンやクッピーラムネにペッツやキシリトールラムネはいつから大丈夫かご案内」

と題し情報をまとめさせていただきましたので、ぜひ参考にしてみてください。

ラムネは何歳から食べれる?

ラムネは何歳から食べれるか明確な基準はありませんが、商品によっては1歳から食べられると記載のあるラムネも販売されています。

例えばこちらの商品であればパッケージに1歳ごろからと記載があるので、1歳以降であれば食べさせて上げることができます。

  • 小麦
  • そば
  • 落花生
  • えび
  • かに

などのアレルギー対応もされているので、アレルギーが心配な場合でも安心ですね。

またグッピーラムネも1歳頃から食べられるラムネとして知られています。

もしはじめてラムネを子供に与える場合は、上記でご紹介したような1歳から食べられるラムネからデビューすると良いかと思います。

ただラムネは商品によってアレルギー成分が含まれているので、商品パッケージは必ずその都度確認することをお勧めします。

例えば参考までにスーパーでも気軽に手にはいるアンパンマンラムネは、

アレルギー成分として卵が表記されています。

(2022年3月現在)

また商品によっては喉に詰まりやすいような形状のラムネもあるので、購入前にラムネの形状をしっかりと確認するようにしてくださいね!

アンパンマンラムネは何歳から食べれる?

アンパンマンラムネは何歳から食べれるか製造元はパッケージに記載しておらず、また年齢に関しても設けていません。

またあんぱんラムネは口に含んでも溶けるわけではなく、しっかりと噛み砕く必要があります。

そのため歯がある程度生えてくる1歳半以降を目安にすると良いかと思います。

また食べさせる場合はしっかりと飲み込めるのを確認できるよう、必ずそばで見守ってあげてくださいね!

クッピーラムネは何歳から食べれる?

クッピーラムネは1歳以降であれば食べることができます。

口に含むとすぐに溶ける仕様なので、まだ歯がしっかりと生え揃っていなくても食べることができます。

ただ食べ物を口に含む以上危険ではあるので、もし子供に食べさせる場合は必ず目を離さずそばでしっかり見守ってあげてくださいね!

ペッツラムネは何歳から食べれる?

ペッツラムネは何歳から食べれるなどという案内は商品に記載されていません。

ただアンパンマンラムネと同様、口に含んでも溶けるものではなく、しっかりと噛み砕く必要があります。

また大きさ的に小さい子供が喉に詰まらせると、窒息してしまう恐れもあります。

もしペッツラムネを子供に与える場合は、

しっかりと噛むことができることを確認の上大人が見守れる環境のもと食べさせるようにしてくださいね。

キシリトールラムネは何歳から食べれる?

キシリトールラムネは何歳から食べれるのかについてですが、基本的には商品パッケージに記載のある年齢を参考の上、もし記載がなければ1歳半前後を目安とするようにしてください。

例えばこちらのキシリトールラムネであれば1歳半から食べることが可能となっています。

また子供にお馴染みのしまじろうのこちらの商品であれば、2歳以降から食べることが可能です。

どちらも奥歯が生えてくるタイミングを見計らえば食べることができる商品ではありますが、与える場合は必ずそばで見守るようにしてくださいね。

はみがき屋さんラムネは何歳から食べれる?

食べるとはみがきしたような効果が得られるはみがき屋さんのラムネは商品パッケージに年齢に関する情報は掲載されてません。

ただ硬めのタブレット商品なので、子供の与える場合は歯で噛み砕くことができる1歳半以降を目安にするのがおすすめです。

また与える場合は必ず大人がそばに付き添い、誤嚥しないようしっかりと見守るようにしてくださいね。

まとめ

「ラムネは何歳から食べれる?食べ過ぎる幼児への影響やカロリーに虫歯になるリスクにプラス効果もご案内」と題し情報をまとめさせていただきました。

ラムネは商品にもよりますが、もし子供に食べさせるようであれば1歳から〜と表示がある商品を選ぶのがおすすめです。

なお食べ過ぎると幼児への影響が出たり、虫歯のリスクも出るので、適量をうまく与えたいものですね。

最後まで読んでいただきありがとうございました。