美容

コルギはやめたほうがいい?後遺症や老けるたるむリスクなどデメリットは本当かと効果なし危険と言われる理由についてもご紹介します

corugi-dangerous

コルギに関してネットやSNS上でリサーチすると「やめたほうがいい」といった言葉が出てくることから施術を受けて大丈夫なのか心配な人もいるかと思います。

なおこの点に関して結論からお伝えすると、肌は刺激を与えることでたるみの原因になると医師が警告を出していますし、肌への負担が大きすぎるので基本的には刺激を与えることは避けた方が賢明です。

またコルギは施術者の腕も大きく影響しており、やり方によっては肌摩擦やむくみが出てしまったり、後遺症としては赤みやあざが出てしまうこともあります。

即効性を期待して施術を受けても数日間は赤みやあざが出てしまう場合もあるので、そのリスクを知った上でコルギを受ける覚悟が必要です。

なおもしコルギを受けたいという理由がむくみやくすみの解消や小顔目的であれば、自宅で手軽に使うことができる高機能の美容機器を取り入れたほうがよっぽど賢明です。

例えばヤーマンのメディリフトは顔につけるだけで気になる顔の悩みにアプローチしてくれ、口コミでは顔が一回り小さくなった、口元や頬の悩みが解消されると好評です。

顔全体のぼやけた印象や顔に現れる年齢サインにも効果的で、また浮腫みの解消で小顔を実現できるなど、肌負担はコルギに比べ圧倒的に低いものの想像以上の効果が期待できますよ♪

\送料無料&ポイントが貯まるのも嬉しい♪/

なおここから先はコルギのデメリットやコルギが効果なしと言われる理由についてご紹介しているので気になる方はぜひ読み進めてみてくださいね。

コルギはやめたほうがいい?

コルギの効果に関して既にご紹介させていただきましたが、ネット上では「コルギはやめたほうがいい?」という疑問も多く出回っています。

なおこの「コルギやめたほうがいい」に関する点に関して様々な専門家が意見を出してはいるものの、

  • 賛成派
  • 反対派

と意見が別れているため、正直なところ何を信じたら良いのか迷ってしまう人も多いかとおもおいます。

ただコルギに関しては効果を実感している人が数多くいることから

  • 腕の良い施術者であること
  • 肌が強い

などと条件が揃っているようであれば「コルギやめたほうがいい」という部分には該当しないので気にする必要はないかと思います。

ただ残念ながらコルギを施術するサロンによっては腕が悪い施術者がいることも珍しくないので、しっかりと見極めた上で受けるようにしてくださいね。

コルギで老けるたるむは本当?後遺症やデメリットについて紹介します

コルギのデメリットはいくつかありますが、施術者の腕次第で起きる問題に加え、コルギによる肌負担から起きてしまうデメリットや後遺症がいくつもあります。

  1. 皮膚が老ける
  2. 皮膚がたるむ
  3. 肌摩擦が起きる
  4. 痛みが続く場合がある
  5. 顔が腫れてしまう場合もある
  6. 内出血やあざができてしまうリスクがある
  7. コルギの効果を継続させるにはお金がある程度必要

コルギを施術する施術者の圧の加え方や施術方法によって、皮膚が老けるたるむ可能性は十分にあります。

というのも人間の皮膚(靭帯)は骨とくっついていることから、この皮膚(靭帯)を伸ばしてしまうと皮膚のたるみとなり、そして老けへと繋がってしまいます。

なので肌や皮膚の構造を考えると、皮膚を無理に引っ張ったり、靭帯の部分を動かす行為は基本的にNGなのです。

またコルギはオイルやクリームを肌に塗布した状態で施術を行うものの、肌摩擦の影響から肌に負担がかかってしまいます。

肌が弱い人や皮膚が薄い人、荒れやすいひどなどは、肌摩擦の影響から肌荒れが起きてしまう場合もあります。

このほか、老廃物の排出が促されることから施術を受けた当日から2、3日程度痛みが続く場合もあります。

他に顔が腫れてしまう場合や、内出血やあざができてしまうリスクもあるので覚悟が必要です。

もちろん腕の良い施術者からコルギを受ければ、後遺症やデメリットのリスクは軽減できます。

ただ施術を受けてみないとどのような後遺症などが残るのかわからない部分も大きいので、デメリットをしっかりと理解した上で施術を受けるようにしてくださいね。

なおコルギを受けたいという理由がむくみやくすみの解消や小顔目的であれば、自宅で手軽に使うことができる高機能の美容機器を取り入れることをお勧めします。

例えばヤーマンのメディリフトは顔につけるだけで気になる顔の悩みにアプローチしてくれ、口コミでは顔が一回り小さくなった、口元や頬の悩みが解消されると好評です。

顔全体のぼやけた印象や顔に現れる年齢サインにも効果的で、また浮腫みの解消で小顔を実現できるなど、肌負担はコルギに比べ圧倒的に低いものの想像以上の効果が期待できますよ♪

\送料無料&ポイントが貯まるのも嬉しい♪/

コルギは効果なしって本当?

ネット上ではコルギに関して「効果なし」といった声も上がっているのですが、実際はどうなのでしょうか。

例えばコルギなお数年前までコルギは小顔効果があると謳われていましたが、実際にはそのような医学的根拠はないと言われています。

2019年に東京都は小顔効果があると謳っていたサロン運営会社に措置命令を出しています。

しかし腕の良い施術者からコルギを施術してもらうと、

  • リンパの流れを促してくれる
  • 血行の流れを促してくれる
  • 老廃物が出やすくなる
  • 顔のむくみが解消される
  • リフトアップ効果が期待できる
  • くすみが改善される
  • 肌色がトーンアップされる

などといった嬉しい効果も期待できると言われています。

ただこれらコルギの効果は一般的には2週間程度しか持続しないと言われています。

そのため効果を持続させるために4、5回程度は2〜3週間隔で施術を受け、それ以降も定期的に通い続ける必要が出てきます。

「効果なし」とならないためにも、もしコルギを受けるようであれば通い続けられるそんなサロンと出会えると良いですね。

コルギは危険?コルギの危険性についてご紹介します

ここまでコルギに関してさまざまな情報をまとめさせていただきましたが、最後にコルギは危険なのか、危険性についてご紹介していきたいと思います。

まず結論からお伝えするとコルギは危険ではありませんし、危険性もありません。

ただ危険かどうか判断するには、施術者の腕が最も重要となってきます。

サロンやエステなどコルギを施術する店舗は複数ありますが、施術者全てが完璧かというとそうでない場合もごく稀にあります。

ただ私たち受ける側にとってみれば施術者が勉強不足だったり技術の面でも劣っているだなんて判断は難しいですよね。

なのでもしサロンなどでコルギの施術を受けようと思っているようであれば、そのサロンの口コミや評判などはしっかりと確認することが大切です。

赤みやあざなどは数日で引いたとしても、皮膚への刺激からたるみを引き起こしてしまうリスクもあります。

危険かどうか、また危険性に関しては正直施術者の腕次第という部分も大きいので、デメリットを知った上で施術を受けるかどうか決めてみてくださいね。

まとめ

コルギはやめたほうがいいのか、後遺症や老けるたるむなどといったリスクなどデメリットなどについてご紹介させていただきました。

記事本文でもご紹介させていただきましたが、コルギは顔の悩みが解消できる一方で、肌摩擦や痛み・あざ・内出血などといったデメリットがあることがわかったと思います。

デメリットは施術者の腕や圧のかけ方も影響してくるので、もしサロンなどで施術を受ける場合は口コミなどをしっかりと確認した上で受けたいものですね。

なおコルギを受けたいという理由がむくみやくすみの解消や小顔目的であれば、自宅で手軽に使うことができる高機能の美容機器を取り入れたほうがよっぽど賢明です。

自分の好きなタイミングで使うことができ、また結果がすぐに出る商品も数多く出回っていますし、

例えばヤーマンのメディリフトは顔につけるだけで気になる顔の悩みにアプローチしてくれ、口コミでは顔が一回り小さくなった、口元や頬の悩みが解消されると好評です。

顔全体のぼやけた印象や顔に現れる年齢サインにも効果的で、また浮腫みの解消で小顔を実現できるなど、肌負担はコルギに比べ圧倒的に低いものの想像以上の効果が期待できますよ♪

\送料無料&ポイントが貯まるのも嬉しい♪/

手軽に継続できる、そして肌に無理のない美容法を取り入れてみてくださいね。