美容

黒染めスプレーのやり方と結んでからの使い方と注意点を解説!落ちないコツや落とし方に髪が痛む可能性についてもご紹介します

black-dye-spray

一時的に黒髪にしないといけない、または気分を変えて黒髪にしたい時に黒染めスプレーは便利ですよね!

ですが、ちゃんと染まるのか、結んだ髪でも使えるのか、スプレーだとバレないか髪は痛まないか色々気になるところですね。

大丈夫です!

黒染めスプレーは適切に使えばかなりきれいに染まりますし、結んだ髪にも使えますし髪の痛みも抑えることができます。

それでは黒染めスプレーのやり方、結んだ時の使い方、落ちないようにするコツから落とし方、そして髪が痛むかどうかについてもご紹介します。

興味がおありでしたら是非読み進めてみてくださいね!

黒染めスプレーのやり方とバレることを避ける使い方を紹介します

黒染めスプレーのやり方、そしてスプレーだと分からないようにきれいに染めるやり方をご説明します。

きれいに染めるためにはまず染まりやすいように髪をきれいにすることが大事です。

そしてスプレーだとバレないようにするためには全体にムラなく染める事が大事です。

では実際のやり方をご説明します。

まずシャンプーとトリートメントで髪の汚れを落とし、よく乾かしてから櫛やブラシで絡まりをとっておきます。

スプレーするときはあまり近くからスプレーせず、少し手を放して髪全体にスプレーをかけるようにします。

近くからスプレーすると一カ所だけ集中してしまい、バリバリに固まってしまったり色がムラになって不自然になってしまうからです。

スプレーが乾く前にクシでとかすようにすると内側にもなじんで染まりますよ。

全体が染まったら、一番目立つ頭頂部に追加でスプレーしておくとしっかり染まって自然な見た目になり、さらにスプレーだとバレにくくなります。

なお黒染めスプレーは広範囲に染料がかかってしまうことがあるので、汚れがついても良い服装にし、首にはタオルなどを撒いておくことをおすすめします。

おでこの生え際や耳にもスプレーがついてしまうので、後で落としやすいようにハンドクリームを塗ったりラップで覆ったりしておくと良いですよ!

黒染めスプレーをお団子に結んでからやポニーテールにした後につける場合の注意点についてご紹介します

黒染めスプレーをお団子にしたりポニーテールにした後に染める場合の注意点をご説明します。

お団子にした場合はセットしてから、ポニーテールなど一つ結びの場合はセットする前に全体を染めてから、セット後にもう一度染めるのがおすすめです。

お団子ヘアは染める面積が少ないうえにがっちり固まって動かないので黒染めスプレーで染めるにはおすすめの髪型です。

お団子が崩れると染まっていない毛が出てきてしまうので、崩れないようにしっかりとまとめてピンなどで固定してから染めてくださいね。

ポニーテールなどの一つ結びは結び目付近の髪の染まっていない部分が見えやすくスプレーだと分かってしまうので、結ぶ前に軽く全体を染めておくのがおすすめです。

結んでからさらにスプレーすれば全体がきれいに染まりますよ。

注意点はセット前にスプレーするときは軽めに、セット後にしっかりスプレーするようにするところです。

黒染めスプレーをかけるとハードスプレーで固めたような感じになるので、最初にあまりしっかりかけてしまうとセットしにくくなってしまうからです。

また巻き髪などあまり固めたくない髪型は黒染めスプレーと相性が悪いと言われていますので、スプレーしたい時はシンプルな髪型をチョイスすると良いですよ!

スプレーが落ちないようにする落ちにくい付け方も紹介します

黒染めスプレーが落ちないようにするやり方をご説明します。

黒染めスプレーが落ちないようにするにはきれいに洗ってしっかり乾かした髪に使用すること、スプレー後はよく乾かすこと、そして水気を避ける事です。

黒染めスプレーは髪の表面をコーティングすることで一時的に染めるものです。

だから皮脂や水分が残った髪にスプレーしてもうまく染料がつかないんです。

スプレー後はしっかり乾かしておかないと、服や手などあちこちに染料がついてせっかくの黒染めが落ちてしまいますので、乾くまであまりいじらないようにしてくださいね。

黒染めスプレーはシャンプーで落とすことができる便利なアイテムですが、その分水に弱いという欠点があります。

雨の日や汗をかく日は使用を控えた方が無難ですが、水に強く落ちにくい耐水性、耐湿性をうたった商品もありますので、そちらを試してみるのもよいですね!

ただどんなに気を付けても色落ちする可能性はゼロではありませんので、万一スプレーの染料がついても目立たない服を選んでくださいね。

黒染めスプレーの落とし方をご紹介します

それでは黒染めスプレーの落とし方をご説明します。

黒染めスプレーを落とすときはまず髪をブラッシングし、お湯でしばらく洗ってから普通にシャンプー、トリートメントをして落とします。

詳しいやり方をご説明します。

黒染めスプレーを使用した後は髪が固まっている状態なので、まずはブラッシングで髪をほぐしてあげます。

染料が落ちるのでバスルームで、髪に負担をかけないように毛先から少しずつブラッシングしてくださいね!

それからぬるま湯で5分ほど髪を洗い、スプレーをゆるめてあげます。

あとは普通にシャンプーとトリートメントをすれば黒染めスプレーを落とすことができます。

スプレーや髪の量によっては一度のシャンプーで落ちないこともあるので、何度かシャンプーしてみてくださいね。

黒染めスプレーで髪が痛む可能性はあるのか解説します

黒染めスプレーで髪が痛む可能性はあるのかご説明します。

黒染めスプレー自体は髪の表面に色をのせているだけなので、髪にはとてもやさしく、一時的に使用するだけで痛むことはあまりないと言えます。

ただ落とすときには、くっついているものをはがしたり何度もシャンプーしたりするので、多少髪表面が傷ついたり摩擦などで髪に負担がかかります。

頻繁に染めたりすると髪が痛んでぱさぱさになってしまう可能性があります。

ですので使用するのは、髪が回復するようにしばらく日を開けてからにした方が無難です。

しょっちゅうスプレーを使うと費用もかかるし髪の健康にも負担が大きく、落とすのも大変ですよね?

黒髪にしたい頻度によっては美容院での髪染めを検討したほうが良いかもしれませんね。

まとめ

黒染めスプレーの使い方やコツ、落ちない方法などをご紹介しました。

黒染めスプレーは使うときには少しコツがいるし見た目の自然さでは美容院で染めたものにはかないませんが、一時的に染めたい場合にはとっても便利です。

面接などの他にも、単に気分を変えたいなど、活躍するシーンはいろいろあると思います。

ご自分のライフスタイルに合わせて黒染めスプレーを試してみてくださいね!