子育て

白斑が取れる瞬間や痛くない取り方まとめ!マッサージ方法や取れた後の穴のケア方法に再発を防ぐ授乳方法を紹介

白斑できてしまった場合、取れる瞬間がいつのタイミングで来るのか気になりますよね。

また痛くない取り方やマッサージ方法について知りたい人も多いかと思います。

今回は

「白斑が取れる瞬間や痛くない取り方まとめ!マッサージ方法や取れた後の穴のケア方法に再発を防ぐ授乳方法を紹介」

と題し情報をまとめさせていただきました。

白斑に悩まされている人はぜひ参考にしていただけたらと思います。

この記事でわかること
  • 白斑が取れる瞬間はいつやって来るのか
  • 痛くない取り方
  • 白斑がある状態でのマッサージ方法と取れた穴のケア方法
  • 再発を防ぐための授乳方法

白斑が取れる瞬間

痛みを伴うだけにすぐにでも取り除きたい白斑ですが、取れる瞬間は

  • 授乳中
  • 搾乳中
  • 痛み軽減のためのマッサージ中

など突然やってきます。

白斑が取れる瞬間は、つまりが解消されて母乳が出る通り道が開通された時です。

状態がそこまで酷くなければすぐに取れる瞬間はやってきますが、もし状態が悪化してしまった場合は1ヶ月ほどかかることもあるようです。

ただ取れる瞬間は突然やってきますし、状態によっては自然に破裂して穴が開くことで開通することもあるようです。

痛みが取れていれば開通しているので、痛みも徐々に和らいでいきます。

残ってしまっている白斑は自然と消えていくのでそのままにしておいて大丈夫です。

ただもし心配なようでしたら、病院を受診して医師の診断をもらうようにしてくださいね。

痛くない取り方

白斑は痛みを伴うだけに痛くない取り方を知りたいと思いますが、白斑ができてしまった場合は自然に治るのを待つしかありません。

ネット上には針や爪で引っ掻いたという声もありますが、乳管を傷つけてしまうどころか塞がってしまうリスクもあります。

場合によっては状態がさらに悪化してしまうこともあるので、できるだけ自然に治るのを待つのがおすすめです。

ただ白斑ができているときは痛みを伴うので、精神的にも肉体的にも辛いですよね・・・。

そんなときは以下でご紹介するマッサージ方法で痛みを和らげるようにしてくださいね。

マッサージ方法

白斑の痛みを和らげるマッサージ方法についてですが、基本的にはマッサージはせず赤ちゃんに吸わせて授乳間隔を開けないようにすることが大切です。

赤ちゃんに大きな口を開いてもらって全体的にくわえてもらい吸わせることで、マッサージのような効果を得られます。

自分でマッサージをして少しでも楽になりたいという気持ちもわかりますが、自己流でマッサージをすると逆効果になってしまう可能性も大きくなります。

もしマッサージで痛みを和らげたい場合は、助産師外来などに行ってやり方をきちんと学んだ上で実践するようにしてください。

基本は赤ちゃんにしっかりと吸ってもらって柔らかくしていくのがベストです!

白斑が取れた後の穴のケア方法

白斑が取れた後の穴のケア方法については以下の動画が参考になります。

動画の中では白斑が取れた後のケア方法について以下のアイテムを使うことをおすすめされていました。

新デスパコーワは白斑ができているときの保湿として使うことができるといいます。

取れた後の穴のケアだけでなく痛みに悩んでいる最中の保湿としても使えるので、授乳中のお守りとして一つ持って置いたほうが良いかもしれません。

白斑の再発を防ぐ授乳方法

最後に白斑の再発を防ぐための授乳方法についてご紹介していきます。

  • 赤ちゃんの口を大きく開いて全体的に吸ってもらう
  • 授乳間隔を開けすぎない
  • 乳頭を柔らかい状態に保つ
  • 水分をたくさん摂る
  • いろんな抱き方をして授乳してみる

基本的には授乳間隔を開けず、赤ちゃんに吸ってもらうときは赤ちゃんの口を大きく開いて全体的に吸ってもらうことが大切となってきます。

「寝ている赤ちゃんを起こしてまで授乳させるのがかわいそう」

と思うママもいるかもしれませんが、授乳間隔を開けないことが白斑を防ぐためには避けて通れないことです。

白斑が再発して困るのはママなので、再発を防ぐためにもしっかりと守るようにしてくださいね。

まとめ

「白斑が取れる瞬間や痛くない取り方まとめ!マッサージ方法や取れた後の穴のケア方法に再発する場合の対処法も紹介」と題し情報をまとめさせていただきました。

状態が酷くなければ白斑が取れる瞬間は痛みを伴い始めてから数日でやってくるようです。

もし今白斑の痛みが伴って辛い場合は新デスパコーワで保湿しつつ、上記でご紹介したケア方法を実践してみてください。

参考になれば幸いです。