生活の知恵

アウトレット品をプレゼントするのは失礼にあたる?バレる可能性はあるかと包装の有無や自分でラッピングする場合の注意点も紹介します

プレゼントを選ぶとき、アウトレット品を送っても大丈夫なのか、もしくは失礼にあたるのか知っておきたいものですよね。

なおこの点に関して結論からお伝えすると、アウトレット品をプレゼントするのは失礼に当たりませんが、送る場合は細心の注意が必要です。

なお有名ブランドなどのアウトレット品だとタグなどでアウトレット品だとバレる場合もあるので、注意が必要です。

この記事ではアウトレット品をプレゼントする場合、どんなものが失礼にあたるのか、

バレる可能性やアウトレット店舗で包装してもらえるのか、自分でラッピングする場合の注意点もご紹介していきます。

アウトレット品をプレゼントするのは失礼にあたらないけど注意が必要

アウトレット品をプレゼントするのは失礼に当たりませんが、送る場合は細心の注意が必要です。

受け取る相手にもよりますが、多くの人がアウトレット品をプレゼントとしてもらうことに未だ抵抗感があるようです。

なのでもしアウトレット品をプレゼントとして用意するようであれば、

「アウトレットで買った」

などと伝えたり、アウトレット品だとバレるような行為は絶対にしないよう注意が必要です。

またブランド物のアウトレット品に関しては調べようと思えば簡単にアウトレット品だと調べられるのでできれば避けるのが賢明です。

基本的にアウトレットで販売されている商品の多くは”訳あり商品”です。

特にブランド品だと”訳あり商品”が数多く出回っているので、大切な相手にプレゼント用として買うのは避けた方が良いかと思います。

アウトレット品のプレゼントだとバレる可能性はある?

アウトレット品のプレゼントでもバレる可能性は多いにあります。

例えばコーチなどといったブランド品は型落ち品がアウトレット店で販売されていることが珍しくありません。

ブランド物に詳しい人であれば最新アイテムもしっかりとチェックしているので、商品がアウトレット品かどうかすぐにバレてしまいます。

なのでもしプレゼントを送る相手が大切な人であれば、アウトレット品ではなく正規店などで購入したものがお勧めです。

なおアクセサリー類やインテリア系の商品であれば、アウトレット品だとバレない可能性が高いのでお勧めです。

ただ包装されていなかったり、どこの店舗で購入したのかわかるような包装であれば、すぐにバレてしまいます。

店舗によってはプレゼント用に包装してくれるところもあるので、お店に確認してみてくださいね。

またもしアウトレット品をプレゼント用に購入した場合は、レシートなど間違っても同封しないようご注意くださいね。

アウトレット品は店舗で包装してもらえる?

アウトレット品を販売する店舗によっては包装してもらえる可能性もあります。

ただ店舗によって異なるので、包装してもらえるかどうかは直接店舗に尋ねてみてくださいね。

なおアウトレット品を包装してもらう場合、包装代が別途有料でかかる場合もあります。

また包装してもらった商品を入れる上袋や袋は、アウトレット店舗のものが使われる場合が多いので、

プレゼントとして渡す場合は、包装してもらったプレゼントのみ渡すようにしてくださいね。

そして間違ってもアウトレットで購入したとわかるレシートを入れてプレゼントとして渡さないようご注意くださいね(苦笑。

アウトレット品をプレゼント用に自分でラッピングする場合の注意点を紹介します

最後にアウトレット品を購入してプレゼント用に自分でラッピングする場合の注意点をご紹介しますね。

  • バーコードがついていないか確認
  • 商品の大きさにあった包装グッズを使う

アウトレット品にもよりますが、大抵商品にはバーコードやタグがついています。

バーコードやタグがついたままの包装は、失礼にあたります。

必ず外した上で包装するようにしてくださいね。

なお自分でラッピングする場合は、ダイソーやセリアなど百均などで包装アイテムを購入するのがお勧めです。

様々なサイズの多種多様なアイテムが置いてあるので、プレゼントの大きさにあったものを選んでみてくださいね。

プレゼントの包装が初めての人でも扱いやすいものばかりなので、手先が器用でなくても簡単に扱うことができるはずです。

まとめ

記事本文でもご紹介させていただきましたが、アウトレット品をプレゼントするのは失礼に当たりませんが、送る場合は細心の注意が必要です。

誤ってもレシートを袋や包装の中に包まないように、またアウトレットで買ったなどと言った言葉は言わないよう注意してくださいね。

またアウトレットで販売されているアウトレット品は、アウトレット品だとバレやすいので大切な相手に送ることを考えているようであれば避けるのが賢明です。

プレゼントを送る立場ではなくもらう立場になって、プレゼント選びをしてみてくださいね!