日用品

ダイソー隙間テープの種類と防水起毛タイプの特徴まとめ!売り場の場所や貼り方もご案内

100均ダイソーでは窓やドアなどの隙間風防止に活用できる防水タイプや起毛タイプなどたくさんの種類の隙間テープが販売されています。

ただたくさんあるばかりにどのアイテムがどの場所に最適なのか、迷ってしまいますよね。

そこで今回は、

「ダイソー隙間テープの種類と防水起毛タイプの特徴まとめ!売り場の場所や貼り方もご案内」

と題し情報をまとめさせていただきましたので、ぜひ参考にしていただければと思います。

ダイソー隙間テープの種類

ダイソーで販売されている隙間テープの種類は以下の通りです。(2022年3月現在)

  • すきまテープ
  • 透明タイプの隙間テープ
  • 防水タイプの隙間テープ
  • 起毛タイプの隙間テープ

すきまテープ

ポリウレタン素材で作られたすきまテープは、引き戸や窓などの開け閉めする際の音の抑制用に使うことができます。

また冬場など風が入ってくるドアなどの隙間を塞ぐ用にも使うことができます。

https://twitter.com/hamago_/status/1484740134201610247

厚さは商品によって異なりますが、1センチ?厚手タイプや幅広タイプなど様々な種類のものが販売されています。

厚さがちょうど良ければドア下などに貼り付けることも可能ですが、厚さが合わないドアだと開きづらくなるので注意が必要です。

基本的にはドアなどの閉鎖音など騒音を軽減させるために使うのがおすすめです。

透明タイプの隙間テープ

透明タイプのすきまテープは、ドアなどの隙間風防止用でドア下に直接テープを貼るように使います。

透明タイプの隙間テープはドアの前面に直接貼るタイプなので、頻繁に開け閉めしないドアなどに貼るのがおすすめです。

なおダイソーの透明の隙間テープも上記の画像のように使いますが、ドアの素材によってはテープの跡がついてしまう場合もあります。

もし使用する場合はドアを保護するためにもマスキンテープなどの上に貼り付けるようにしてくださいね。

防水タイプの隙間テープ

防水タイプの隙間テープはシャッターや物置き、雨戸など雨風に当たりやすい場所に使うのが最適です。

起毛タイプの隙間テープ

起毛タイプの隙間テープは貼り付け部分の下部が起毛タイプになっています。

https://twitter.com/hyoutangoke/status/649405990782177280

ドア下など隙間が大きい場合や完全に塞ぎたくない場合などにおすすめです。

ダイソー隙間テープ防水タイプの特徴

ここではダイソーで販売されている隙間テープの防水タイプの特徴についてご紹介していきますね。

ダイソーで販売されている防水タイプの隙間テープはEVA樹脂製です。

シャッターや網戸など、雨で濡れてしまいやすい部分などに貼り付けて使うことができます。

なお防水タイプではありますが、完全防水ではありません。

また試用期間が長くなるにつれ劣化しておくので、定期的な交換が必要となります。

ダイソー隙間テープ起毛タイプの特徴

ダイソーで販売されている隙間テープの起毛タイプの特徴についてご紹介していきますね。

ダイソーで販売されている隙間テープの起毛タイプは様々なサイズや厚さのものが販売されています。

隙間テープはものによって厚さが異なるのですが、起毛タイプの起毛部分はフワフワとしているので通常の隙間テープと違い様々な厚さに対応できます。

ただデメリットをあげると起毛部分にホコリが集まってしまうので、定期的なお手入れ(ホコリ取り)が必要となります。

なお集まったホコリは起毛部分に集まっているので、手で簡単に取ることができるのでお手入れ自体は難しくありません。

ダイソー隙間テープの売り場はどこ?

ダイソーの隙間テープの売り場の場所は、基本的にはインテリアコーナーとなっているようです。

インテリア系はDIY用品や園芸品などのある陳列棚の近くにあることが多いので、売り場を探す場合はそのあたりをチェックしてみてくださいね!

なお秋から冬にかけては特に隙間テープの需要が増えるので、入口近くの断熱アイテムコーナーに移動していることも多いようです。

お店によっては陳列しているコーナーが異なる場合もあるので、もし見つからなければ店員さんに尋ねてみてみてくださいね。

ダイソー隙間テープの貼り方

最後にダイソーの隙間テープの貼り方について簡単にご紹介していきます。

基本的にはダイソーの隙間テープは隙間がある一部分または全体に貼り付けるのがおす住めです。

なお貼り付ける際は、事前に大きさを図って少し長めにカットし、貼り付けながら端の部分をカットするとちょうどよい長さで貼り付けられます。

貼り付ける部分にもよりますが、貼り付ける場合は隙間を防ぎたい箇所や枠に沿って隙間ができないようしっかりと貼り付けるようにしてくださいね。

網戸に貼り付ける場合も同様で、隙間がないようしっかりと丁寧に貼り付けるようにしてくださいね!

なおダイソーで販売している隙間テープの厚さより隙間が大きいようであれば、通販などでより厚みのあるタイプを購入するのがおすすめです。

隙間を防ぐことで雨風や虫などの侵入を防げるので、その場所にあった厚さの隙間テープで対応してみてくださいね!

まとめ

「ダイソー隙間テープの種類と防水起毛タイプの特徴まとめ!売り場の場所や貼り方もご案内」と題し情報をまとめさせていただきました。

ダイソーの隙間テープは様々な種類があり、用途によって選ぶことができます。

なおもし購入する場合は使う場所の隙間の大きさなど測った上で購入するのがおすすめです。

長さや厚み、太さなど様々なものがあるので、ぜひ使用する場所にあった隙間テープを選んでみてくださいね。

最後まで読んでいただきありがとうございました!