美容 PR

チークをつけるとシミが目立つのはなぜ?目立たなくする方法やおすすめのチーク、口コミ情報などもご紹介します!

チークをつけるとシミが目立つのはなぜ?目立たなくする方法やおすすめのチーク、口コミ情報などもご紹介します!
記事内に商品プロモーションを含む場合があります

チークをつけるとシミが目立つ理由にはいくつかの要因が考えられます。まず、チークを使用することで肌の質感が変わり、シミや肌の凹凸が目立ちやすくなる可能性があります。特にパウダータイプのチークは、肌の表面に留まりやすいため、シミの上に乗ることでその部分が強調されてしまうことがあります。

また、チークの色や光沢がシミを際立たせる場合もあります。例えば、明るい色やシマー(微粒子の光沢があるもの)を含むチークは、光を反射しやすく、その結果、シミや色ムラがより目立つことになります。肌に赤みをもたらす色(ピンクやコーラルなど)は、赤みがあるシミを更に際立たせることもあります。

チークの塗り方も影響します。シミが多い頬骨の上部に直接チークを塗ると、シミが目立ちやすくなるため、シミを避けて塗る方法や、シミのない部分を強調するように塗ると良いでしょう。また、チークを薄く均一に塗ることで、シミが目立たないように調整することも可能です。

対策としては、チークを選ぶ際には肌の色やシミの色に合わせた色を選び、マットな質感のものを選ぶと良いでしょう。また、化粧下地やコンシーラーでシミをカバーしてからチークを塗ると、シミが目立ちにくくなります。

amazonで「チーク」のおすすめ人気ランキングをみてみる▷

楽天で「チーク」のおすすめ人気ランキングをみてみる▷

目立たなくさせる方法

チークをつけてもシミが目立たないようにするための方法はいくつかあります。まず重要なのは、チークを塗る前の下準備です。化粧下地やファンデーションをしっかりと塗り、シミや肌の色ムラをカバーすることが基本です。コンシーラーを使ってシミを丁寧に隠すと、より均一な肌色に見えます。

次に、チークの選び方が重要です。シミが目立たないようにするためには、マットな質感のチークを選び、キラキラとした光沢があるものは避けるのが無難です。また、肌色に近いナチュラルな色や、暗めの色を選ぶと、シミが目立ちにくくなります。

チークの塗り方も工夫が必要です。シミの位置を避けてチークを塗る方法が有効です。一般的には、頬骨の高い部分から耳の方向に向かって軽くブラシを滑らせるように塗ると、自然で健康的な印象を与えられます。また、チークを塗る際にはブラシで優しくたたくようにすると、色が均一になりやすく、シミを目立たせずに済みます。

さらに、全体のメイクバランスを考えることも大切です。目元や唇を少し強調することで、視線が頬のシミから自然とずれるため、シミが目立ちにくくなります。このようにして、チークと全体のメイクのバランスを取ることで、シミを目立たなく見せることができます。

おすすめのチーク

シミを目立たなくさせるためにおすすめのチーク商品を3つ紹介します。

  1. クリニーク チーク ポップ クリニークのチーク ポップは、シミが目立ちにくいよう自然な仕上がりを提供します。マットでありながらも微妙なツヤ感があり、肌に溶け込むような質感が特徴です。カラーバリエーションも豊富で、どんな肌色にも合う色を選べます。特に「ヌード ポップ」や「ジンジャー ポップ」のような暖色系は、シミを自然にカバーしてくれるためおすすめです。
  2. NARS ブラッシュ NARSのブラッシュは、高発色でありながらも肌になじみやすいのが魅力です。特に「マッドリー」や「ドルチェヴィータ」のような自然な茶色系やローズ系の色は、シミを目立たなくするのに効果的です。質感はマットからシマーまでありますが、シミ隠しにはマットタイプを選ぶと良いでしょう。
  3. ベアミネラル ベアプロ グロー チーク ベアミネラルのベアプロ グロー チークは、肌に優しい成分で作られており、敏感肌やシミが気になる肌にも安心して使えます。このチークはクリームタイプで、肌にしっかりと密着して自然な発色を長時間キープします。シミをカバーしつつ、健康的な輝きを与えたい場合に最適です。

これらの商品はどれも肌になじみやすく、シミを目立たなくする効果が期待できます。肌のトーンに合わせて適切な色を選び、自然な仕上がりを目指しましょう。

口コミ情報

amazonで「チーク」のおすすめ人気ランキングをみてみる▷

楽天で「チーク」のおすすめ人気ランキングをみてみる▷

まとめ

チークを上手に使うためには、正しい塗り方と適切な色の選び方が重要です。また、使う際にはいくつかの注意点を守ることが大切です。

チークの使い方

  1. 色選び: 自分の肌色に合ったチークを選びます。肌が明るい方はピンクやコーラルが、肌が暗めの方はローズやプラムがおすすめです。
  2. 道具の選定: チークを塗るためのブラシは、柔らかくて広がりのあるものを選びましょう。これにより、より自然にぼかすことができます。
  3. 塗り方: 笑ったときにふっくらとする頬の高い部分(リンゴ筋)に向かって、耳の方向へと軽く払うように塗ります。ブラシに少量のチークをとり、強く押し付けるのではなく、軽くタッチするようにして塗ると良いでしょう。

使用上の注意点

  1. 肌の状態を確認: チークを塗る前に、肌の状態を良く確認しましょう。肌が乾燥している場合は、保湿をしっかりと行ってからチークを使用します。
  2. 量の調整: チークは少なすぎても多すぎても不自然に見えます。最初は少量から始め、必要に応じて徐々に足していくことが大切です。
  3. ハイライトとのバランス: チークとハイライトを併用する場合は、バランスを考えて使用しましょう。ハイライトはチークよりも少し上の部分、例えば目の下や額の中央に軽く塗ることで、顔全体の立体感を強調できます。

これらのポイントを守ることで、自然で健康的な風貌を演出するチークの使い方が可能になります。日々のメイクでチークを活用する際は、これらの点に注意してください。

掲載情報は記事執筆時のものです。
当サイトに掲載している記事・写真の切り取り等の無断加工・無断転載を一切禁じます。
すべての著作権は当ブログ運営者および情報提供者に帰属します。