婚活に向けて

現在のページ

  1. ホーム
  2. 婚活に向けて
  3. 結納とは

結納とは

『結納とは』の画像結納とは、結んで納めるという字のとおり、両家が親類となって「結」びついたことを祝い、贈り物を「納」め合うということです。結納をすませたら「結婚をします」という約束を公に交わしたことになります。地域によってやり方に違いがあるので、両家の間で確認しましょう。一般的には、結婚式の3~6ヶ月前に行うのが一般的です。

結納には「正式結納」と「略式結納」の2つのスタイルがあります。
正式結納は、仲人が両家を往復して9品の結納品(目録)や結納金を届けるスタイルで、最近はこのスタイルで結納を行うカップルは減っているものの、地域や家のしきたりで行う場合もあります。
略式結納は、両家がどちらかの家やホテル、料亭などに、一堂会して結納を交わすスタイルで、結納品(目録)の数も減らしライトなスタイルで行います。
最近は仲人なし、記念品として婚約指輪を贈る「略式結納」が主流となっています。

関東では一般的に正式な9点セットです。
目録に書いてある順番に並べて飾ります。

ワンポイントアドバイス

結納と顔合わせ食会事の違い

『結納と顔合わせ食会事の違い』の画像日本の伝統的な婚約の儀式として「結納」がありますが、最近では「顔合わせ食事会」というスタイルも、しきたりを重視することなくカジュアルに行えることから人気です。
儀式的な部分は省いて両家の親睦を深めることを大きな目的としたのが、いわゆる顔合わせ食事会です。

顔合わせ食事会に特に決まった流れや儀式的なものはありませんが、婚約の証として、婚約指輪などの婚約記念品を交換するケースが多いようです。

顔合わせ食事会を行なう場所としては、両家の負担を均等にすることが重要です。
双方の家の中間地点や、交通の便がよい駅付近などの会場を選ぶカップルが多いようです。
結婚式の会場候補の下見を兼ねて、挙式予定の会場を選ぶ場合もあります。

スマートフォン用ページで見る